意外なことで簡単に出来るらしいと思われていますが

先日でしたが今年のひと皿が発表されまして今年の食卓の1年がわかるひと皿ですが昨年度はダイエットにも効果あるが「サラダチキン」でしたが今年はこのひと皿に決まったのが「鯖の缶詰」となりましたが皿ではなく缶詰となりましたが実は意外なことでこの様な缶詰が選ばれたと言います。

と言うのも鯖の缶詰は開けてすぐに食べれるのでお父さんのつまみが定番となりますが福井などでは素麺と一緒に食べている所もあるので薬味として食べている所もあるらしい。

こうした鯖の缶詰を料理を活かそうとして洋風にしたり活用をしていますが魚を食べない子供もいるのでこれを工夫するのがチャーハンとなりますが鯖の身をほぐしながら炒めいってからご飯を混ぜるので食べやすくしているので楽だと思っている。

そんな鯖の缶詰ですが最近はツナ缶を超えてこの缶詰が人気となったが実はツナ缶の材料でもあるマグロの漁獲
量が少ないらしい。

この様な材料が不足した事で鯖の缶詰が人気が出たと言う事になるがこうした活用もあってかテーブルには鯖料理が注目されたという事になったという事になるのです。

魚を食べない子供が多くなった現在ではこうした鯖の缶詰などの活用で食べてもらいたいと思っていますが苦手も子もいるので活用は広がる。

来年も注目ですが持っと食べているです。顔脱毛 化粧