大人になってからのバースデイで受けとる女子への機嫌

この間、生まれでした。
昔は快楽だった生まれも大人になると、肝要や世帯などでバタバタして下手するとお天道様がひっくり返りみたいに陥る頃に「あっいま生まれだった!」と思い返すケア。
必ずしも自分にとって生まれは大きな祭事ではなくなったきたんですなと年齢を重ねるたびに思います 。

けれど、最近では昔とは違う一安心を覚えることも。
それは、産んでくれたママへの謝意の気持ちです。
ここ数年は生まれが生じるたびに「生まれてきて良かったなぁ」「生んでくれて本当にありがとう。」と思うようになりました。
そしてちょい元気なママへ、元気なうちに親孝行をとりどり狙うなと思います。
自分が大人になり夫人となった今 、ママがどれだけ一大方法なのか、どれだけ情愛を注いでくれたのか身に染みてわかるようになりました。
ちょっとそういったママに追い付くことはできませんが、私も児童にそれほど思ってもらえるよう頑張っていきたいなと思った生まれでした。