溶岩円頂丘やカルデラなどについて勉強した

火山について訓練をしました。溶岩ときの粘性がつまらない(流れやすい)ときは、沸騰ときの気温は高いです。岩石言い方は、玄武岩だ。噴火のスタイルは、大溶岩流だ。溶岩流の出現の進度は、多いです。火山の流れは盾状火山で溶岩台地だ。沸騰ときの粘性が幅広い(巡りがたい)ときは、沸騰ときの気温は低いだ。岩石言い方は、デーネットか流紋岩だ。噴火のスタイルは、大沸騰が起こりやすい火砕流だ。溶岩流の出現の進度は、少ないです。火山の流れは溶岩円頂丘(溶岩ドーム)だ。溶岩円頂丘(溶岩ドーム)は、粘性の大きな溶岩が漏洩してできたものです。昭和新山がここに当てはまる。成層火山は、溶岩と火山砕せつ物が交互に積み重なってできたものです。富士山がここに当てはまる。盾状火山は、粘性のちっちゃな溶岩が沸騰してできたものです。マウナロア山がここに当てはまる。カルデラは、大沸騰によってコア陥没したものです。阿蘇山がここに当てはまる。まったく勉強になりました。

ELUAGUE GroupEsemifinal NaVi vs Echo Fox 感触 

map1はEcho FoxがNUKEをピック。そんなに天王山が行われない地図で賭けにでたが、NaViが優勢で天王山がすすむ。
EchoFoxもコンスタントにラウンドは引き戻すのだが、3ラウンドとって4ラウンド無くなるという真綿で首を絞める様な開設が貫く。
普通16-9でNaViが突破し、EchoFoxのギャンブルは黒星に終わった。

map2はoverpass。メカニックスに失敗したEchoFoxはNaViの十八番地図で考え込むことになる。
全くチャンスがないままに当初は進み、4-11ってNaVi優勢で折り返す。
後もNaViが全てのラウンドを奪い取り、16-4で勝利した。

一環クエスチョンだったのが、EchoFoxがなんでdust2ではなくNUKEをピックしたのか。
NaViも総じてレクリエーションしていないが、EchoFoxもまた1たびしか思い出がなく、それならば十八番当事者の十八番のdust2でプレイしたほうが遥かに勝率は高かったハズ。
前回の地図ということもあるが、随分戦略ミスのような?が留まる天王山になった。