私のマレーシア クアラルンプールへの会話・競争留学

わたしは昨年の夏季から、マレーシアの首都です、クアラルンプールに留学やる生徒だ。

わたしは日本の生徒でおきながら、レーシングドライバーとして世界で活躍する強者を目指す実態を持っており、現在はプロジェクトの最年少乗員として活動していらっしゃる。

わたしは小学校のうちから、世界で対戦営みをしたいという野望を見てきたものが、やっと20年齢になった今日叶いました。

そのため、わたしが向かう大学側にも協力してもらい、留学先のマレーシアでの勉学といった学校を用意してもらいました。

そうして、週間3太陽の勉学生涯と、週間3太陽のサーキット教育、週間毎日の進歩を積み始めて、間もなく1層が経とうとしていらっしゃる。

留学して直ぐの時は、たとえ好きな対戦営みを通じていても、郷愁になることも色々ありました。

ただし、約1層経った今は、ちっともそんなことは思わないぐらい、心も体も激しくなった気がします。

確かに週間毎日とは言え、進歩はとても辛いです。

わたしに合った進歩アドインソフトが用意されている結果、休むこともままならなく、涙を流しながらやることもあります。

ただし、サーキット教育はとても面白く、多少なりとも時刻が上がるとわたしはとても嬉しくなるし、向上心が再び出ます。

一方勉学の学校はとても難しいです。

基本的にイングリッシュでの学校で、日本語を話す時間は日本語の学校の時だけです。

初めはイングリッシュがとても話せなて苦労しましたが、今は社会で通用するくらいの表現は語れるつもりでいらっしゃる。

こういう留学はわたしにおいて、色々なものを与えてくれました。

スピリットや人体も強くなり、言葉やチームメイト、対戦スキルなど、わたしはすごい成長できた1層だったと思います。